2006年07月18日

漆(うるし)の白 乾漆石庭

輪島漆器大雅堂(株)の常設展示場には、大きなもの(二双屏風や飾り棚等)から、小さなもの(箸置きやブローチ等)まで、ありとあらゆる輪島塗を展示販売致しております。
sekitei.jpg
漆(うるし)の白 乾漆石庭 浜高悦朗作

輪島塗に、漆に白が有ることをご存じでしょうか?
イメージ的に、輪島塗・漆は赤(朱)や黒と思いがちですが、実際には漆の調合により、様々な色が工夫され生み出されています。

白もまた、例外ではありません。しかし漆は、もちろん絵の具や光のような真っ白にはなりません。
もともと漆は、褐色のものです。調合によって白を作り出しても、美しい発色は難しいのです。

しかし、漆は次第に透明度が高くなります。月日が経つ内に、次第に白に近づいていきます。
輪島塗・輪島漆器は、お客様に納品するときが完成ではありません。
お客様に可愛がって頂く内に、色も艶もどんどんよくなり育っていきます。

これは屏風(びょうぶ)です。寸法は幅85.2×2高さ145.6cm。
漆の白が、石庭の広さを感じさせるような、輪島塗中屏風です。
posted by 輪島塗 at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 輪島漆器大雅堂展示場