2006年07月25日

輪島塗サイドボード

輪島漆器大雅堂(株)常設展示場は、輪島市続から車で約10分の、のどかな風景の中にあります。輪島漆芸美術館よりは車で5分ほど。
輪島塗の「きりこ」も常設展示しております。u.jpg
輪島塗サイドボード

輪島塗というと飾り棚(飾りだな)というイメージですが、この写真はサイドボードです。
輪島塗も和風だけでなく、洋風にも取り入れて頂けるようにと制作した物です。
輪島漆器大雅堂(株)常設展示場には、このサイドボードと同じ形で柄違いのサイドボードもございます。
写真のサイドボードは「青海鵜の図蒔絵」です。大変豪快な構図に大胆な配色。蒔絵の所々に美しい貝をふんだんに配した豪華なサイドボード。
一方、柄違いのサイドボードは「牡丹唐草沈黒」です。
輪島塗の黒に、沈金の技で美しい牡丹唐草をサイドボード全体に彫り込み、金の替わりに黒漆を入れて仕上げています。大変モダンで繊細な印象です。
どちらも、「これほどのサイドボードはどこにもない」と思っています。

どちらがお好みか、実際に比べて確かめてください。
posted by 輪島塗 at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 輪島漆器大雅堂展示場