2006年08月01日

豪華な金地(きんじ)の商品ずらり

輪島漆器大雅堂(株)常設展示場は、輪島市続から車で約10分の、のどかな風景の中にあります。輪島漆芸美術館よりは車で5分ほど。
輪島塗の「きりこ」も常設展示しております。

豪華な金地(きんじ)の商品ずらりIMGP1191.jpg

輪島漆器大雅堂(株)の展示場、入ってすぐの風景です。
週末のお客様は、「豪華な金地(きんじ)の商品がみたい」とのご希望でしたので、特に金地の商品を集めて展示し、ゆっくりとご覧頂きました。
ここはもっとこんな風に、これはこうできますか?そんな会話の中から、またひとつ素晴らしい輪島塗がうまれます。

金地(きんじ)とは、輪島塗は普通、黒などの漆で塗り仕上げますが、金地は器物の全体に蒔絵(まきえ)で金を施している輪島塗のことです。
背景が金色、という感じの大変豪華な蒔絵です。
その昔、お殿様はこんな豪華な調度の数々を、ふんだんにお使いだったことでしょう。

輪島漆器大雅堂(株)の知識と経験で、現代のお殿様・お姫様のために、
日本一の輪島塗をお作り致します。日本一と言うことは、世界一ですね!
形やデザイン、文様など、ご希望に添うようご相談しながら、長い月日をかけて貴方だけの輪島塗をお作りしたい。
オーダーメイドは、輪島漆器大雅堂(株)の得意です。
posted by 輪島塗 at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 輪島漆器大雅堂展示場
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1057393

この記事へのトラックバック